ミュージカル, 作曲・編曲・DAW, 担当舞台

朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」、無事初日が明けました。
どの作品も色濃く、名優たちの個性と相まって素敵な時間を過ごしてきました。

明日はもう千秋楽。
是非この機会、お見逃しなく!

相変わらず素晴らしい「高瀬舟」光枝明彦さんと
可憐な「白檀の扇子」紫ともさんと

朗読ミュージカル 山崎陽子の世界

日時 : 2019年11月13日(水)14:00-,18:30-、11月14日(木)11:30-,15:30-
(開場30分前)

会場:紀尾井小ホール(地図

料金 : 6,500円(全席指定)

1台のピアノ以外は装置も小道具もない舞台で、一人で歌い演じる「文学、音楽、演劇」が一体となった独特の世界。平成13年度文化庁芸術祭大賞受賞。

今回は4名、4話の朗読ミュージカル。

私は今回なんと4作中3作(うち2作は新作)で音楽を担当させて頂いています。

1話目 紫ともさん「白檀の扇子」
2話目 光枝明彦さん「高瀬舟」 *新作
4話目 森田克子さん「舌切り雀」 *新作

山崎陽子先生の作品はどれもがユーモアたっぷりで、時に驚き、最後は心がじんわりと温かくなります。

名優たちがたった独り、本気で演じる朗読ミュージカルは圧巻です。

皆さま是非、是非お越し下さいm(_ _)m

その他詳細は

オフィス・ディーバ ホームページ

http://roudoku-musical.com/

オフィス・ディーバ tel : 03-6429-3560



ミュージカル, 作曲・編曲・DAW, 担当舞台

本日は朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」スタッフ総見。
一人ミュージカルゆえにそれぞれで稽古を進めて、この日に初めて他の演者やスタッフに披露となります。

名優たちの緊張感がみなぎる稽古場。

流石のパフォーマンスにすっかり物語の世界へと引き込まれてしまいました。

2019年11月13日、14日 東京 紀尾井小ホールにて

だいぶお席のほうは埋まってきていますが、14日 15:30の回は比較的余裕があるようです。

名優たちが綴る素晴らしい舞台、是非ご覧頂けましたら幸いです!

通し稽古を終えて
作家、山崎陽子先生と

朗読ミュージカル 山崎陽子の世界

日時 : 2019年11月13日(水)14:00-,18:30-、11月14日(木)11:30-,15:30-
(開場30分前)

会場:紀尾井小ホール(地図

料金 : 6,500円(全席指定)

1台のピアノ以外は装置も小道具もない舞台で、一人で歌い演じる「文学、音楽、演劇」が一体となった独特の世界。平成13年度文化庁芸術祭大賞受賞。

今回は4名、4話の朗読ミュージカル。

私は今回なんと4作中3作(うち2作は新作)で音楽を担当させて頂いています。

1話目 紫ともさん「白檀の扇子」
2話目 光枝明彦さん「高瀬舟」 *新作
4話目 森田克子さん「舌切り雀」 *新作

山崎陽子先生の作品はどれもがユーモアたっぷりで、時に驚き、最後は心がじんわりと温かくなります。

名優たちがたった独り、本気で演じる朗読ミュージカルは圧巻です。

皆さま是非、是非お越し下さいm(_ _)m

その他詳細は

オフィス・ディーバ ホームページ

http://roudoku-musical.com/

オフィス・ディーバ tel : 03-6429-3560

作曲・編曲・DAW

ご縁を頂き水戸偕楽園の竹林ライトアップ 環境音楽を担当させて頂いております。

本日はマスコミ内覧会。
竹林以外でも園内広範囲に渡って逢坂卓郎氏による素晴らしいライトアップ が楽しめます。

竹林の音楽演出は期間限定で11/1-4 日没から21:00です。

期間中に水戸へお越しの際は是非お立ち寄り下さい!

時間ごとに色が変化し、多彩な表情を見せる竹林

作曲・編曲・DAW, 担当舞台

朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」が福島県二本松市で開催されます。
安奈淳さん、そして音楽担当させて頂いている光枝明彦さん「茜の空ふたたび」も上演します。

11/9 二本松市コンサートホールにて

一度観たら虜になると言わる山崎陽子先生の朗読ミュージカル。
お近くの方々、是非ご覧ください!

詳細は下記をご覧ください。
http://rohantei.com/…/2019%E6%9C%97%E8%AA%AD%E3%81%A8%E3%8…/

ライヴ, 作曲・編曲・DAW, 担当舞台

昨日は上越文化会館・新潟市秋葉区文化会館での朗読音楽劇「あらしのよるに」が無事終演!

竹下景子さんの素晴らしい朗読と秀逸なバンドメンバーの演奏が相まってとても好評でした。

両館ともにスタッフの方々に支えられて安心して本番に挑むことができました。

また是非どこかで再演できる日を楽しみにしています。

ご覧くださった方々、ありがとうございました!
関係者の方々、お疲れさまでした!

右から竹下景子さん、原作きむらゆういちさん、私、本間修治さん、伊藤恵子さん、三国富美子さん
演出・脚本の 遠藤吉博さんとバンドメンバー
秋葉区に駆けつけてくれた新潟市北区市民ミュージカル「春のホタル」の仲間たち

スポンサーリンク