副鼻腔炎のブログへようこそ

作曲や歌唱指導、演奏などで音楽活動しているShingoの副鼻腔炎闘病日記です。2018年5月に発症し、最近ようやく回復してきました。同じ病気でお悩みの方の参考になれば幸いです。

副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年9月 15か月経過

新たな作品創りが続き、休み取れず。 症状は変わらず、 鼻水は透明でやや粘りがある。鼻うがい時に粘度ある白いものが少し出てくる。最近鼻うがい後に奥に入った水がなかなか出てこず、時折耳にいくので3週間ほど鼻うがい休止。 歌唱時には全く問題ないが、鼻声になることあり。
副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年8月 14か月経過

新たな作品創りが続々と入り、今年いっぱいは夏休みは今年は取れそうにない。副鼻腔炎発症から14か月。症状はほぼ治まっている。アレルギー性鼻炎は治まっていたが、最近夕方など体調変化がある時にムズムズと鼻水が出てくることがあり。鼻水は透明でやや粘りがある。鼻うがい時に粘度ある白いものが少し出てくる(先月より少し減少)。最近鼻うがいの残り水が右鼻奥から後になって出てくることが多い。 歌唱時には全く...
副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年7月 13か月経過

新たな作品創りや夏公演が続き精神的にも体力的にも無理している感あり。副鼻腔炎発症から13か月。症状はほぼ治まっている。アレルギー性鼻炎も治まっている。鼻水は透明でやや粘りがある。鼻うがい時に粘度ある白いものが少し出てくる(先月より少し増加)。 歌唱時には全く問題ないが、若干右鼻閉鎖感が先月より気になる。それに加えて右耳の詰まりをたまに感じることあり。現在のケア内容: 鼻うがい「サーレ...
副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年6月 発症から一年経過

副鼻腔炎発症から一年が経過。 状態は良好。 最近は耳の詰まった感じもなく、鼻うがいすると時間が経過した後に、かつて副鼻腔への自然口が塞がっていた右鼻から残りのうがい液がかなり出てくるようになった。 鼻うがい後に出てくる白い粘りの量も随分と少なくなった。 またありがたいことに幼少期より悩まされてきたアレルギー鼻炎も1年以上治ったまま。 最近は新たな作品作りが立て込み、精神的にも体力的にも...
今まで試したもの評価

今まで試したもの評価 「なた豆茶」

2018年5月に副鼻腔炎を発症して、3か月目から現在(2019年5月)に至るまで毎日飲み続けています。外出時は水筒に入れて持ち歩き、一日あたり500ccくらい飲んでいます。 ネットなどの情報で「なた豆茶」は副鼻腔炎の膿を出すのに効果があるとのことで始めましたが、私には実感できる効果は感じられませんでした。それでも続けている理由は、・お茶はいつも持ち歩くので、どうせ飲むならば少しでも副鼻腔炎...
副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年5月 風邪

年号が令和となりゴールデンウィークは史上初の10連休。その間は音楽担当の公演や次回作の作曲、打合せなどでほとんど仕事。最近の気候変動で抵抗力が落ちているのか先週風邪をひき、普段はあまり起こらない喉枯れ。熱は37.6℃まで上昇。ひき始めの2日間は葛根湯と桔梗湯で治そうと試みていたが、歌唱指導や講義が休めないため近所の内科へ駆け込む。あまり飲みたくない抗菌剤処方。抗菌剤が強いのか案の定お腹を下した。...
副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年4月 現状維持

新たな作品創りの準備などで気持的にはやや慌ただしい。 鼻水は透明でやや粘りがある。鼻うがい時に粘度ある白いものが少し出てくる。 先月からあまり改善ないものの、副鼻腔炎の症状は落ち着いていて、歌唱時にも全く問題ない。 たまに耳が詰まり気味になることがあるので、試しに「サーレMP」と重曹(爪先ほど)、「新ビオフェルミンS細粒」(付属の小さじ1.5) を溶かした鼻うがいを1日朝晩2回から晩1回に減らして...
副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年3月 その3 その後の経過

春の公演も終わり、つかの間の休息。 左鼻は正常、右鼻はやや鼻閉あるが嗅覚正常。鼻水は透明で少し粘りがあるものが時折鼻奥にある。鼻うがい時は白い粘りのあるものが僅かに出てくる。アレルギー症状は出ていない。 ここ一か月のケアは朝晩2回の鼻うがいとソンバーユ点鼻のみ。 鼻うがいは「サーレMP」を溶かした洗浄液に、鼻水の粘性を弱めると言われている 爪先ほどの「重曹」と「新ビオフェルミンS細粒...
副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年3月 その2 久々の耳鼻科受診

3/12火曜、少し喉が腫れてきたので、大事をとって4か月振りに近所の耳鼻咽喉科へ。最初に鼻の吸引をすると、先生が「以前のドロドロした鼻水はなくなっていますよ」と言われた。もう副鼻腔炎は受診するような症状はないとのことで一安心。 その後は口から上咽頭に薬を塗られ「しみますか?」と訊かれる。とてもしみたので、上咽頭が腫れていたようだ。口から吸入を行って抗菌剤と鎮痛剤の処方。 翌日から喉の...
副鼻腔炎(蓄膿症)日記

2019年3月 その1 副鼻腔炎の経過良好

今月は月末に二つの公演があり、その追い込み稽古、6月以降の公演準備などで神経を使う日々。 鼻の状態は、一日に数回、右鼻に鼻閉があるものの鼻声にはならず、歌唱時にも会話時も耳に詰まることはなくなった。 鼻水は透明で粘度はあるものの、以前より粘りがなくなってきた感あり。 鼻うがい時に出てくる白いネバネバした塊は日によって量は異なるが、それほど多くはない。 嗅覚は右鼻が通ってい...