ミュージカル,作曲・編曲・DAW,担当舞台

久々の音楽担当舞台のご案内です。
新潟市秋葉区での新作市民ミュージカルはSLミュージカル!

劇作家 嶽本あゆ美先生がポッポ屋たちの熱き想いとともにドラマティックに描く秋葉区の歴史!

私はこのような状況でなかなか新潟に行くことができないのですが、地元の方々に愛される作品を残したい一心で、新潟チームとリモートミーティングしながら丁寧に創ってきました。

幸いにも地元の優秀な講師陣が作者たちの想いをしっかりと引き継いで指導にあたって下さっており、出演者の皆さんはフェイスシールドやマスク着用で一生懸命稽古に臨んでいます。


熱き想いの詰まった新作ミュージカル、近郊の方々、是非ともご覧ください!!

先日チケットが発売になりました。
感染対策のため客席数を減らしての開催となります。
お求めはお早めにどうぞ!

アキハ・ミュージカル・プロジェクト「走れ!ロコモーション」

日時 : 2020年10月3日(土)13:30-/18:00-、10月4日(日)13:30-
(開場60分前)

会場 新潟市秋葉区文化会館ホール

料金 : 全席自由
2,000円 (一般)
 500円 (中学生以下)
*当日各300円増

脚本・演出:嶽本あゆ美
音楽:片野真吾
振付・演出助手:斉木としや
歌唱指導:柳本幸子

主催・企画・制作 新潟市秋葉区文化会館
助成 芸術文化振興基金後援 新潟市教育委員会 / 新津商工会議所 / 小須戸商工会
協力 新潟市鉄道資料館 / 東日本鉄道OB会新津支部 /  新津商店街協同組合連合

客演 間宮啓行

鉄道の街、アキハからお届けする、家族と街の人々とロコモーション(蒸気機関車)の物語が出来ました。

戦後の復興から、高度経済成長へと続く日本の繁栄を支えて来たSL。やがて機関車も電気の時代へと…

「貴婦人」とも称された秋葉の宝物、C57(シゴナナ)を新津に保存することになった頃のお話です。

秋葉の新しい宝物となるミュージカルをぜひ、ご鑑賞ください!

秋葉区文化会館ホームページ 
http://akiha-bunka.com/

チケットのお求め(発売中)、お問い合わせは

秋葉区文化会館 0250-25-3301



担当舞台

今日の夕焼け

梅雨の合間 自然からのプレゼント

ミュージカル,ライヴ,作曲・編曲・DAW,担当舞台

おうちでオロチーズ動画 第二弾

オロチーズ結成のきっかけとなった音楽舞台劇「クシナダとスサノオ」(脚本・作詞:高橋知伽江  作曲:片野真吾)からのセレクションです。

2013年、出雲大社は60年に一度の大遷宮が行われ、その奉祝事業の一つとして音楽舞台劇「クシナダとスサノオ」がZero Project主催、演出・振付 木村かなえ氏のもと、東京チームと地元島根チームで力を合わせて創りました。

公演は出雲大社にほど近い大社文化プレイスうらら館だんだんホールで行われ、古事記出雲神話「ヤマタノオロチ」をモチーフに、朗読、歌、ダンスで展開していくもので、土屋茂昭氏監修のもと地元の子どもたちも参加した素敵な舞台美術も相まって大変ご好評頂きました。

この動画は東京キャスト(オロチーズ)で「クシナダとスサノオ」主要楽曲を再構成して演奏した時のものです。
公演の世界観を少しでも感じて頂ければ幸いです。

30分ほどあります。お時間宜しい時にお楽しみください!

オロチーズ皐月コンサート2017
音楽舞台劇「クシナダとスサノオ」より

曲目:
「前奏曲~高天原~荒ぶるスサノオ」
「我らを守り給え」
「決意」
「おしえてください」
「愛の炎」
「オロチがくる」
「戦い」
「愛の炎リプライズ~戦いリプライズ」
「あしたのために」

脚本・作詞:高橋知伽江  作曲:片野真吾

オロチーズ: 
Vocal 五十嵐可絵
Vocal 柳瀬亮輔
Piano 伊藤恵子 
Bass 片野真吾 
Percussion 本間修治 

Engineer 横山斉実

2017年5月29日 下北沢 Com.Cafe 音倉

2013年当時の音楽舞台劇「クシナダとスサノオ」公演情報も宜しければご覧ください!

ミュージカル,作曲・編曲・DAW,担当舞台

2013年出雲大社「平成の大遷宮」奉祝公演を機に結成されたオロチーズ。

コロナ禍の最中、何か私たちに出来ることはないかと、些細ではありますが2017年のコンサートから抜粋してYoutubeに公開しました。

まずは純和風音楽喜劇「紫陽花河原恋顛末」からのセレクションをお届けします。

お時間のある時にお楽しみ頂ければ幸いです!

*映像はステージ横からのスマホでの定点撮影です。見えにくい点がありますこと、ご了承ください。

純和風音楽喜劇「紫陽花河原恋顛末」より オロチーズ皐月コンサート2017

曲目:
「花のお江戸音頭」
「花鳥風月」  
「かあさん」
「心中恋歌」
「たとえば花が咲くように」
純和風音楽喜劇「紫陽花河原恋顛末」
脚本・作詞:柳瀬亮輔 作曲:片野真吾

オロチーズ: 
Vocal 五十嵐可絵
Vocal 柳瀬亮輔
Piano 伊藤恵子 
Bass 片野真吾 
Percussion 本間修治 

Engineer 横山斉実

2017年5月29日 下北沢 Com.Cafe 音倉

担当舞台

今年3月に上演予定だった水戸子どもミュージカルスクール発表公演 ミュージカル「雪のプリンセス」

新型コロナウイルス感染対策のための自粛要請を受け、公演を含めたスクールは中止を余儀なくされました。

そんな中でも何か出来ないか、と受講生やスタッフ有志が参加したテレワーク合唱動画が完成しました。

やはり皆の声が合わさると、一人では成しえない何かが生まれたように感じました。

是非ご覧になってみてください!

ご尽力された高城信江先生、水戸芸術館スタッフの皆さま、編集の鈴木和也さま、ありがとうございました。

「ねぇ サンタクロース」~ミュージカル「雪のプリンセス」より~
脚本・作詞:高橋知伽江
作曲:片野真吾

スポンサーリンク