「砂漠のクリスマス」

今日は代々木八幡で劇団青年座「砂漠のクリスマス」を観劇。

翻訳はいつもご一緒させて頂いている脚本家の高橋知伽江先生。
いつもながら丁寧な創り、そして素晴らしい俳優陣、また意外なストーリー展開にとても楽しめました(^^)
私は家族との関係についてとても考えさせられました。
12/24までやっています。
ご興味あれば是非!

劇団青年座HP