旅行・地域

先日はミュージカル「春のホタル」てお世話になった館長さんの送別会で新潟へ。
途中の越後湯沢あたりはまだ雪景色。

地元の文化創造への情熱と実行力をお持ちで、かつ愛情溢れるお人柄の方だけに、各方面の多くの方々に惜しまれつつ見送られた。

少なくとも館長さんの情熱がなければ、「春のホタル」は生まれていなかったし、私も新潟の皆さんとの出会いはなかった。

言葉ではなかなか言い尽くせないが、深い感謝の気持ちを館長さんに贈りたい。

またこの作品は区長さんをはじめとする、地元行政の方々の文化創造への情熱が礎になっている。深く敬意を表したい。

Image

 

日記・コラム・つぶやき

今日は午後から本八幡で子どもミュージカルの歌唱抜き稽古。

役ごとに入れ替わり立ち代り、気付けばトイレにも行かず約4時間あっという間^^
時を忘れるほど没頭できる何かがあるということと、夢中にさせてくれる子どもたちに感謝^^

最近は外食ばかり。
せめて彩りの良いものをと思い大戸屋さんへ。

0325151

デザートでモチベーションアップ!
0325152

今日もまだまだやること満載。
せめてこちらは時間がゆっくり進んでくれることを切に願う…

日記・コラム・つぶやき

ソメイヨシノでしょうか、都内も咲き始めたようです^^

Sakura032115

お昼は散歩がてら五行の焦がし味噌ラーメン!

Img_7415

今週は自宅に篭って作業の日々が続く。
あと1週間が山場。桜が満開になる前に頑張ろう!!

日記・コラム・つぶやき

今日の東京は曇り空。
一雨ごとに暖かくなっていくのですね。

青山のソメイヨシノ。もうすぐ開花の気配!
Img_7411

お昼はインドカレー。幸せホルモン分泌^^

Img_7410

今月は複数の舞台作曲に追われる日々がまだまだ続く。頑張らなくては!!

日記・コラム・つぶやき

今日の東京は快晴!
一週間ほど前は一輪だった近所の早咲き桜も満開^^

Img_7180
 
こちらの桜を新たに発見!

Img_7176

お昼は十割そば。桜に合います^^

Img_7181

日記・コラム・つぶやき

今日はまた別の新作ミュージカルの本読みと打合せで矢野口へ。
桜でしょうか、咲き誇っています^^

震災から4年。
あの日のことを思い出す。
不幸にも被害に遭われた方々、未だ故郷に帰れない方々のことを想いつつ
今自分が出来ることを頑張り続けます。
音楽を通じて
もっともっと人の役に立てることを信じて…

031115

担当舞台

今日はGW公演「カレーパンでやっつけよう」の打ち合わせで水戸へ。
大好きな仲間たちと創る可愛らしいお話、音楽頑張ります!
5/2〜6、水戸芸術館ACM劇場にて。
皆さまのお越しをお待ちしておりますm(_ _)m
水戸芸術館ホームページ
http://arttowermito.or.jp/theatre/theatre02.html?id=686
Image
芸術監督の高橋知伽江先生、演出と出演のゆうくん&マットさんと^ ^
Image_2

日記・コラム・つぶやき

今日は子どもミュージカルのレッスンで熊本へ。
久しぶりに食べた熊本名物タイピーエン。
麺が春雨で、野菜たっぷり!
今日も頑張ります!
Image
くまモン!
Image_2

担当舞台

昨年東京で上演された朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」が大阪で再演されます。
今回は5名、4話の朗読ミュージカル。
一台のピアノとともにたった一人で何役も歌い演じるのはベテラン揃いとはいえ緊張感が漲る。どの話も山崎陽子先生のユーモアと優しさ溢れる世界観で輝いている。
私が音楽担当させて頂いているのは有馬稲子さん、堂ノ脇恭子さん演じる2話目「春うらら」。
 
この作品は12年前、故八世・野村万之丞氏の依頼で書かれた女狂言。今回朗読ミュージカルとして甦ります。
大阪近郊の方、是非お越しくださいm(_ _)m

朗読ミュージカル 山崎陽子の世界

日時 : 2015年4月25日(土)13:00-,17:00-
(開場30分前)
会場:大丸心斎橋劇場
料金 : 5,000円(全席指定)

1台のピアノ以外は装置も小道具もない舞台で、一人で歌い演じる「文学、音楽、演劇」が一体となった独特の世界。平成13年度文化庁芸術祭大賞受賞。
チケットのお求め、お問い合わせは
オフィス・ディーバ 
tel : 03-6429-3560
Roudoku2015_osaka

日記・コラム・つぶやき

今日は8月のミュージカルの打合せで九段下へ。

ちょっと早めに行って神保町にある「神田 天丼屋」で昼食。
学生の頃はこの界隈にあった「いもや」で天丼を食べていた。
ここは「いもや」で働いていた方が独立されたのか、まったく同じスタイル。
清潔な白い暖簾に白木のカウンター。
並んでいると、「天丼でよろしいでしょうか?」と訊ねられる。
ちなみにメニューは天丼と海老天丼のみ。
出来上がるころにはご飯の量を訊かれる。
混んでいるが回転は速い。
天丼並み盛り600円。相変わらず良心的な価格!

見たことある方だと思ったら、なんとご主人は当時「いもや」で働いていた方。もうかれこれ20年以上も前のこと。
独り黙々と天ぷらを揚げながら、めまぐるしく変わるお客の座っている場所をメモ取ることなく覚えていて、接客はとても丁寧なお兄さん。変わっていない。
忙しい中にたまにお客に見せる笑顔が忙しない昼時のお客の心をを和ませる。
誠実に、シンプルに同じことを何十年も続けることは凄いなあ、と思いがけなく感動をもらった昼のひと時だった^^

天丼とても美味しかった、ごちそうさまでした!

Img_7147

スポンサーリンク