日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ

ようやく時間を取って観てきました、「ボヘミアン・ラプソディー」。

丁度私が洋楽を聴き始めた頃にクイーンの「Radio Ga Ga」がヒットしており、また ソロの「I Was Born To Love You 」を聴いて、何てエネルギーの強い歌声なんだ!と子どもながらに思ったなあ、とか、Live Aidを食い入るようにして観たことなどを時折思い出しながら映画を観ました。

リアルタイムにクイーンの音楽に触れて過ごした人々にとっては、まさに人生のアルバムのどこかにBGMとして流れているのではないでしょうか。

素晴らしい音は時代を超えるのだと再確認。

またフレディーが言っていた、同じことを繰り返したくない、という言葉が深く私の心に残った。

楽しく観終わって、昼食はチーズとんかつ(^^)
頑張らなくては!

映画・テレビ

先日は知人のご縁で新作映画「君の笑顔に会いたくて」の試写会へ。
原作の大沼えり子さんは保護司であり、映画のストーリーはその実話が元となっている。
この映画を通じて保護司の仕事をはじめて知りましたが、更生中の子どもたちに、わが子同然に愛情をかける姿に感動しました!
「子どもは親の鏡」なんですよね…

東京では11/25-12/8 渋谷ユーロスペースで上映。
その他各地で上映していきたいとのこと。
自治体・劇場・学校関係の皆さま、是非上映ご検討ください!
シネマとうほくHP

Scan204

映画・テレビ

昨日はようやく観たかった映画「ララランド」を観ることができた。
多くは書きませんが、題材は非日常的でありつつも、主題はとても身近なものと感じた。
主題の見せ方、音楽の使い方、映像の使い方などとても見事な作品で、もう一度観たいと思った。
個人的には、この映画を見た人が、Jazzに興味を持って聴いてくれればと願います(^^)
「ララランド」公式ページ

http://gaga.ne.jp/lalaland/

鑑賞前に「楽観」@立川でラーメンの昼食。

ここは西麻布にあった頃以来久々の来店。美味しかったです(^^)

Img_35412

映画・テレビ

先日は話題になっているアニメーション映画「この世界の片隅に」を観た。

忠実に再現された街並み、細かに描写された懸命に生きる人々。まるで戦時下を追体験しているような気分にさせるリアリズム。
戦争に対する憤りを感じるとともに、夫婦の絆についても考えさせられた。
コトリンゴさんの劇中音楽も良かった。

素晴らしい映画だと思います!
「この世界の片隅に」公式サイト

映画・テレビ

今日は映画「君の名は。」を観た。
映像・ストーリーともにとても美しい世界観。

舞台は東京と飛騨。

東京は実在する場所がとてもリアルに描かれているが、飛騨の「糸守」は想像の場所らしく、その分ファンタジックに描かれている。
ストーリーはリアルな部分とファンタジーが混在していて、観ているときは付いて行くのが大変だけど、観終わってみると非常に分かりやすい。

映画を観た後は映画館近くのビストロでランチ。

運命の赤い糸はあるか?

私はあるように感じる。

Img_20262

映画「君の名は。」公式サイト
http://www.kiminona.com/index.html

スポンサーリンク