作曲・編曲・DAW

先日購入したミキサー「ヤマハMG12XU」。

こちらはPCとのUSB接続でオーディオインターフェイスとしても機能するのですが、取扱説明書にはあまり詳しく載っていないので私自身わかりにくかった点をレビューします。参考になれば幸いです。
*WIN10とCubase10.5での使用例です。

PCとの接続方法:
ヤマハのサイトからドライバーをダウンロードしてインストールする。
https://jp.yamaha.com/products/contents/proaudio/downloads/firmware_software/index.html?k=&c=proaudio
(私のwin10マシンではこれを使わなくてもPCとミキサーを接続してPCを立ち上げ、ミキサーの電源を入れるとミキサーのデバイスがインストールされたが、再生時に時折音の変調・不具合が起こった。)

インストール完了すると「コントロールパネル」が使用できる。

USB接続してできること:
MG12XUがオーディオインターフェイスとして使用できる。
・WINとDAWはそれぞれ設定必要。

USB接続したPCのミキサー側のチャンネルは11/12です。
・入力レベル→アッテネーターで増減可能。
*ミキサー電源を立ち上げ直すと、設定数値はリセットされないのになぜかUSB入力レベルが最大になる(アッテネーターを呼び出し、数値を動かすと設定音量に戻る)。おそらくバグと思われるので、私は常に「0」(最大)に設定。
・USBからPCへの出力レベルは固定(変更不可)。

DAW録音時のモニター方法:
DAWのオケを聴きながらミキサーに接続した楽器をDAWで録音する方法

USB出力=STEREO OUT(各チャンネルの「ST」ボタンを押したチャンネルソース)が出力される。これがDAWで録音されるソースとなる。ただしSTEREOフェーダーは反映されない(つまり出力音量は固定)

ミキサーの各チャンネル設定

各チャンネルの「ST」スイッチと「1-2」スイッチを使って出力先を設定する。

・「ST」は「STEREO」スイッチの略で、これを押したチャンネルはSTEREO OUT(USBにも)に出力される。
・「1-2」は「GROUP1-2」スイッチの略で、これを押したチャンネルはGROUP1-2に出力される。

1.録音したい楽器チャンネル:「ON」・「ST」と「1-2」ボタンを押す。
(「ST」でPCに出力し、「1-2」で「MONITOR OUT」と「PHONE(ヘッドフォーン出力)」に出力)
そしてゲインとフェーダーでPCへの出力レベルを決める。


2.チャンネル11/12(USBチャンネル):「ON」・「1-2」を押す。(「ST」ボタンは押さない。これを押すとオケがPCに出力されてしまい楽器と混じったソースが録音されることになる。)
またフェーダーで楽器のモニター音量に対するオケのバランスを整える。
*もしPCへオケをループバックしたい場合は「ST」ボタンを押す。


3.「GROUP1-2」チャンネルを「ON」。
この時「ST」ボタンは押さない。
4.「STEREO」チャンネルの「ON」を押すと「ST」を押したチャンネルソースが「STEREO OUT」へ出力されるがUSB出力や「MONITOR OUT」は影響を受けない。
つまり今回はどちらでも良い。

5.
・MONITORセクションの「SOURCE」(グレーのボタン)を押して「GROUP1-2」に選択。これで「MONITOR OUT」のソースが「GROUP1-2」に設定される。
・「MONITOR LEVEL」ノブで全体のモニタースピーカーへの出力を決める。

ミキサーと音響機材との接続方法:

STEREOバスに出力しないソース、つまり上記で設定した「MONITOR」のソースをモニタースピーカーで聴くためには、「STEREO OUT」ではなく「MONITOR OUT」(バランスフォーン端子)への接続が必要(または「PHONE」よりヘッドフォンで聴くことが可能)。

以上、これでMG12XUをミキサー兼オーディオインターフェイスとしてDAWからのオケを聴きながら楽器を録音することが可能となります。

MG12XUはコンパクトでDAWでもちょっとしたライブでも使い勝手が良く、音質もバランスが良く、とにかくコストパフォーマンスに優れている印象です。
痒いところに手が届く、さすがはヤマハです!

作曲・編曲・DAW

自宅で使用していたミキサー、約20年使用してさすがに不具合が多くなってきたので新調!
コンパクトで自宅使用にはちょうど良い機能性、さすがヤマハ!

いつも聴いている音が変わるのはとても新鮮です^^

音楽制作やZOOMミーティングで活躍してもらいます!

日記・コラム・つぶやき

今日の午前中指定で届くはずだったアマゾンの荷物。
急に外出しなくてはならず、玄関先への「置き配」に変更。
配送業者はアマゾンとのこと。
ほどなくして配達完了のメールが届いた。

帰宅すると玄関に届いたはずの荷物は見当たらない。
周りを探しても見当たらなかったのでカスタマーサポートに電話。

誤配の可能性があるので返金してくれるとのこと。
またお詫びにPrime期間を1か月延長してくれるとのこと。

幸いに荷物は生活用品なのでまた注文すればよいのだが、

私の消えた荷物 今 何処…??

ミュージカル,作曲・編曲・DAW,担当舞台

久々の音楽担当舞台のご案内です。
新潟市秋葉区での新作市民ミュージカルはSLミュージカル!

劇作家 嶽本あゆ美先生がポッポ屋たちの熱き想いとともにドラマティックに描く秋葉区の歴史!

私はこのような状況でなかなか新潟に行くことができないのですが、地元の方々に愛される作品を残したい一心で、新潟チームとリモートミーティングしながら丁寧に創ってきました。

幸いにも地元の優秀な講師陣が作者たちの想いをしっかりと引き継いで指導にあたって下さっており、出演者の皆さんはフェイスシールドやマスク着用で一生懸命稽古に臨んでいます。


熱き想いの詰まった新作ミュージカル、近郊の方々、是非ともご覧ください!!

先日チケットが発売になりました。
感染対策のため客席数を減らしての開催となります。
お求めはお早めにどうぞ!

アキハ・ミュージカル・プロジェクト「走れ!ロコモーション」

日時 : 2020年10月3日(土)13:30-/18:00-、10月4日(日)13:30-
(開場60分前)

会場 新潟市秋葉区文化会館ホール

料金 : 全席自由
2,000円 (一般)
 500円 (中学生以下)
*当日各300円増

脚本・演出:嶽本あゆ美
音楽:片野真吾
振付・演出助手:斉木としや
歌唱指導:柳本幸子

主催・企画・制作 新潟市秋葉区文化会館
助成 芸術文化振興基金後援 新潟市教育委員会 / 新津商工会議所 / 小須戸商工会
協力 新潟市鉄道資料館 / 東日本鉄道OB会新津支部 /  新津商店街協同組合連合

客演 間宮啓行

鉄道の街、アキハからお届けする、家族と街の人々とロコモーション(蒸気機関車)の物語が出来ました。

戦後の復興から、高度経済成長へと続く日本の繁栄を支えて来たSL。やがて機関車も電気の時代へと…

「貴婦人」とも称された秋葉の宝物、C57(シゴナナ)を新津に保存することになった頃のお話です。

秋葉の新しい宝物となるミュージカルをぜひ、ご鑑賞ください!

秋葉区文化会館ホームページ 
http://akiha-bunka.com/

チケットのお求め(発売中)、お問い合わせは

秋葉区文化会館 0250-25-3301



観劇

昨年観劇した水戸芸術館ACM劇場制作の宮崎駿氏 原作、井上桂氏 脚本「最貧前線」

COVID-19対策 公共劇場緊急共同企画として新たにオーディオドラマが制作され、無料公開されています。

舞台も本当に素晴らしかったのですが、このオーディオドラマは音声のみでもわかりやすいように再構築されており、素晴らしいキャスト、臨場感ある効果音とともに、目を閉じて聴くとたちまち物語の大海原が広がっていきます。

最近は動画での公開が主流となりつつありますが、音声のみというのも想像力を掻き立ててくれて良いな~と改めて感じます。

公開は7/26まで。是非聴いてみてください!

水戸芸術館HP
https://www.arttowermito.or.jp/sp/poorfront310acm/audio/


スポンサーリンク