Profile


Photo: Shingo Katano片野真吾

〜作曲、編曲、音楽監督、歌唱指導、ベース演奏〜



片野真吾は
緑多く残る東京世田谷に生まれる。ビートルズの「イエスタデイ」を子守唄に育つ。

7歳の時ヴァイオリンを習い始める。10歳の時学校のブラスバンドに魅了されて入部、トランペットを始める。

13歳の時友人からロックを聴かせられ虜となりバンドを結成、メンバーの自宅でオリジナル曲を作り演奏。翌年ベースを始める。

15歳の時自作自演に目覚め、本格的に作曲・ヴォーカルを始める。

明治大学に進学し英米文学を専攻するも学生生活の大半をバンドでのライヴ活動に費やす。

卒業後は社会人生活の傍ら音楽活動を継続。「人生一度きり」という言葉が頭から離れず29歳で心機一転、米国バークリー音楽大学へ留学。作編曲を学ぶ。

2年半後、優秀賞(Magna Cum Laude)を受け卒業し帰国。

現在は作曲家・編曲家およびベース奏者、ミュージカルやイベントの音楽監督など幅広く活動中。また音楽の楽しさを伝えるべく音楽学校にて作編曲の指導、劇団や小中学校での歌唱指導も行っている。

日本音楽著作権協会信託者。

Concept :音楽は心


主な音楽担当作品

ミュージカル・舞台:

劇団BDPミュージカル「森のプリンス」、「姫神楽」、「桃太郎!」
劇団スーパー・エキセントリック・シアター 「恋の骨折り損」、「ベイビー・ベイビー」
アイバンクチャリティーミュージカル「パパからもらった宝もの」
郡司行雄プロデュースミュージカルファンタジー「真夏の夜の夢〜LOVE」
新潟市北区オリジナルミュージカル「春のホタル」
出雲大社平成の大遷宮奉祝事業公演音楽舞台劇「クシナダとスサノオ」
水戸芸術館ACMファミリーシアター「大どろぼうホッツェンプロッツ」、「ルドルフとイッパイアッテナ」、ゆうくんとマットさんシリーズ
朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」
Zero Projectミュージカル「雪のプリンセス」

イベント:

愛・地球博「千葉県の日」、2005千葉きらめき総体開会式、佐賀県吉野ヶ里歴史公園「南のムラ」オープニングイベント、東京ミレナリオゴスペルコンサート
水戸偕楽園竹林ライトアップ環境音楽(演出総合監修:逢坂卓郎氏)

CM:

住友信託銀行梶A味の素梶ABASFジャパン


好きなアーティスト

ビートルズ、ルロイ・アンダーソン、ジョージ・ガーシュウィン、クロード・ドビュッシー、クインシー・ジョーンズ、マイルス・デイビス、アントニオ・カルロス・ジョビン など


Topページへ